English

弦楽器図面(設計図) 弦楽器フレット計算
私の製作した楽器(抜粋)
カポタスト製作ちょ〜入門
研究[ファブリカトーレ 一族に関する調査]
修理・修復:リペアでおじゃる
弦のコーナー(弦計算尺) 弦を作ろう!
入門:ギター製作 入門:リュート製作
バロックギター製作入門 楽器ケース 
ウクレレ製作入門 ウクレレキット再入門
弦楽器系歴史的版画の世界
自作弦楽器自慢大会(投稿ページ)
クレーンショーケース(売りたし)
私的素敵頁(シテキステキペイ!?)
リンク集CRANE案内板 楽器部品の復刻
社会貢献/奉仕 自己紹介





2015年7月 CRANE HomePageは公開から20周年を迎えました

- CRANE 更新情報 2016年 8月号 -

  

リペアでおじゃるのコーナーにマンドリン糸巻を掲載 ... 8/14

弦楽器界にもポケモンGOが影響を及ぼすとは誰が想像したであろうか!?
あれこれ楽器の作業はやっているのですが、記事を書くヒマがなかなかとれず ...
しかも今回は急ぎの修理だといふ。たまたま夏休みのおかげで夜通し作業しまする。

Twitterぢゃないよツルッター

はっ!今日は誕生日だ!ワインを汲みに行こう! ...8/14
我が家の花壇に今年も植えた覚えのない白百合が咲き始めますた。
横顔も素敵ですな ...8/14

以前私の作った象牙のカポタスト/セヒージャ がお盆で帰省してきました ... 8/15
ガットが切れたので交換を兼ねて全体のチェック/整備です。
届いてみたら予想以上に状態が良く、ベルトもソールもまだまだ使えます!
ソールは剥がさずにガット交換できるように工夫しておいたのが幸い。
ガットのみ交換して試奏して作業完了!再び送り出しました。

マンドリン糸巻修理に構造について補足しました。同ページの下のほう ...8/19
灼熱の太陽と突然の雷雨。まだしばらく続きそうです ...

ふうせんかずらの鉢を裏庭に移動していたらヤマトシジミがやってきました ... 8/19
今回のオリンピックは土壇場の逆転劇が多くてスリリングですな。

  オリンピックが終わりました。ハイライトや見逃した競技動画がNHKで配信されてます。
私の iMac は古過ぎて 再生できませんが .... トホホ ... 8/23

次は2本目のマンドリン修理やってます。今度はボウルバックです。
これも糸巻きの軸がうなだれているほか、様々な問題が見つかっています。
弦高低すぎ。ピックガードふくらみ。サドル低すぎ 、指板痩せ、などなど ...8/24

チリのワイン サンタ バイ サンタ カロリーナ コンビニで500円ですが、コスパ高し ... 8/25
フルボディで独特の苦みと渋味がありますが、 タンニンもノドにきません。
チリのサンティアゴ市に位置する1875年創業サンタ カロリーナワイナリー社
年金生活研究部的には老後のワインも調べておくとしますか ...

 

チリのワイン サンタ バイ サンタ カロリーナ 飲んでまたつぶやきます

 

  

 

ショーケース:ガット(羊腸)弦の共同購入 夏の募集 を開催... 8/3

季節ごとに募っているドイツ・キルシュナー社のガット(羊腸)弦の共同購入。の募集です。
2016年の共同購入募集期間:2016年8月6日(土)〜8月17日(水)
入荷予定:9月中旬〜9月下旬頃
特殊な弦も大歓迎(多少納期が延びる場合もあります)
※ 次回の弦の共同購入は秋を飛び越して の募集となり2016年12月頃の予定です。

Twitterぢゃないよツルッター

30度を超えた青空から一転して雷雨になったりと、激しい天気ですな。

自宅兼工房の外壁リフォームが終盤です. 防水補修を終えて、あとは基礎の補修と保護塗装.
夏休みのおかげで楽器の修理と塗装もはかどってます。
数少ない鶴田の認めるラーメン屋のうち、最寄りの「哲麺」まで10km. 行ってきました.

今朝、出掛けようと車に乗り込んだら ... この先数日はこんな感じだそうです ... 8/5
湿度も高いですな。それでも裏庭にがんばって咲いている薔薇がありますた.

4年前に(2009年から3年間)勤めていた蒲田キャンパスに久しぶりに行ってきました ... 8/6
ちょっとした野球場程度の庭があるのですが、この地下にホールが完成したというのです.
24mmレンズでは広すぎてカバーできないのでDSC-W380でパノラマ撮影しています。
地下4階まで降りると5000人以上収容可能なアリーナ. ステージや客席は可動式.
シェルター的な地下要塞ですな。とんでもないものを作ったものです .....

今年のウチの朝顔は8/3頃から咲き始めました。例年よりちょっと遅いかな? ...8/8

猛暑続きですな。工房にひきこもってギター塗装とマンドリン修理ちゅう ... 8/12
これだけ暑くてもちゃんと咲いてる薔薇があるのには感心します。

 

 

 

CRANE HomePage が21周年を迎えました... 7/26

この7月で21周年ですが、20周年企画は執念深くまだ続いておりまする ...
ぼちぼち気長にいきますので今後ともよろしくお願い致します m(_ _)m

Twitterぢゃないよツルッター

東京は梅雨明けしたんですかね? これから本格的な暑さでしょうか ...
ウチの花壇のいちばん端で毎年咲くのがコレ。直径3cm アリさんが食事ちゅう... 7/26

マヌエル・ラミレスの修復・塗装を再開。フレンチポリッシュゆえに
ひたすらタンポを作り、地味に塗装していますが、雑用が入ってなかなか進みません...
それでもようやく裏とサイドを終えて表面板にとりかかっておりまする ... 7/30
表面板、こんなにベアクロウが入っていたのだと今更ながら気付く鶴田であった ...

はっ!いつのまに ... パコ・デ・ルシアの生涯を綴ったドキュメンタリー映画
「灼熱のギタリスト」が7/23から公開されているそうですよ。

代車といいながら、ついついかわいがってしまう工房CRANEの鶴虎スマート ...7/30
ちと面倒ですが、バッテリーの交換。大きめの容量のバッテリーを安く調達
いわゆるパルス再生バッテリーなので店頭定価の1/10程度で買えます(補償付)。
ただ、古いバッテリーは産業廃棄物のため処分が問題。
そしたら意外にも間近に廃棄屋さんが ... 持ち込んだら買い取ってくれました
もちろんその足でシャトレーゼまでワインを汲みに直行!

 

  

 

クレーンショーケースに委託品のマンドラゴラを追加 ... 7/9

世にも珍しいマンドラゴラ. 悲鳴を聞かないように引き抜くべし ....
委託販売です。 お問い合わせがあれば売り主の連絡先をお知らせします。

Twitterぢゃないよツルッター

バラがたくさん咲くのでまとめて撮ってみたり ... 大小アソート... 7/9
しばらく中断していたマヌエル・ラミレス ギターの塗装を再開しますた ...7/10
シェラックを Komet(もちろんドイツのDICTUM)に替えてアルコールもIPA.
ちょっと食べてみました ... 当然ながら無味無臭...
ちょっと 舐めただけですよ(よい子はマネをしてはいけません).

ラミレスの塗装インターバルの合間に黄スマートのヘッドライトの研磨 ...7/10
ぱっと見わかりませんがクリア層が劣化でクモリ 作業前後で比べるとこのとおり。

久しぶりにGF1とシュナイダーXenonで撮ったバラ。よく咲いて発色鮮やか...7/10

玄関脇で涼しげに咲いてふくらむのはフウセンカズラ. 直径2cmでカワイイ... 7/11
暑い日もこれを見ているとちょっぴり涼しくなりまする ....

香りの強い薄桃色のバラ. 直径10cmぐらいで大振りです... 7/14
香りをお届けできないのが残念.今回はデスクトップ/壁紙用も用意しました.

はっ! いつのまにか家の脇でひまわりが咲いていますた!! ...7/19
直径13cmぐらい。いいねぇ ... 夏やすみを感じます ♪

当クレーンでは19世紀以前の楽器のパーツの復刻にも根強く取り組んでいますが、
イングリッシュギター(Guittar) のウオッチキー糸巻を追加販売することになりました。
つまりPRESTON復刻品限定販売です。国際的にもだいたい3個ぐらいが限度かな?
昨日、当工房の共同研究製作工場から数量限定で販売可能との連絡有り!
興味があるという奇特な方はお問い合わせください...7/20

そろそろ梅雨明けでしょうか. あいかわらず草花が元気です. ... 7/21
ここしばらくウチの工房は外壁のリフォーム工事ちゅう. あちこちに黄色が ...
足場はミニ花壇を見事に避けて組まれておりまする。

イタリア・ベネチアからの御土産ワイン飲んでまたつぶやきまする...
とても美味しいです ♪

 

 

 


 


工房CRANEのブランドTSULTRAについて 19世紀ギターの世界 
19世紀ギターの演奏と解説(共同通信社「いい音を選ぶ」)
モールドコーナー 弦楽器製作関連文献
弦楽器製作工具 弦楽器製作メーリングリスト
個人輸入ちょ〜入門 コンサートホール(演奏)
過去記事バックナンバー(超抜粋)
ハイパーギター教室 はじめに /ギターについて /調弦と小物 /音基本 /課題曲集
ハイパーリュート教室 はじめに/歴史 /分類 /調弦/各部名称 /タブTAB /課題曲
ハイパーウクレレ教室 はじめに/歴史/構造/調弦/課題曲など


御意見 御感想はメールにて鶴田まで / Contact

メールを頂く皆様へ