私的素敵頁:16mmフィルムカメラ マミヤ16 オートマチック

MAMIYA16 AUTOMATIC(マミヤ光機/現マミヤ・オーピー)

シリーズ:男の子はカメラを手にして生まれてくるのだ

記事:2010年1月10日公開  2018年8月, 10月 補足

- (C) 2010 Makoto Tsuruta / CRANE Home Page / Shiteki Suteki Pei -

 


   

誰も見向きもしないものに熱中し、世間の流行とは無関係に「いいんだ!コレがぁ!」と勝手に感激し、どうだ!すごいだろぅ!? と記事を書いたら、やっぱり誰も見向きもしない、そんなコーナー。それがCRANEの私的素敵頁(してきすてきぺい)。 久しぶりに新アイテムを紹介するぜよ!(なぜか土佐弁)
今日も熱くナイス・ペイっ!



今回の私的素敵PAYは古い小型のアナログカメラです。

男の子はカメラを手にして生まれてくるのだ

何がいいのって? そりゃ〜〜、素直にカッコイイのさ。上の写真をとくと御覧あれ。
え? フィルムのカメラって現像とかどうすんの? そうです、今回は独自に編み出した現像方法も含め、その楽しみかたを紹介します。

16mmフィルムのカメラはいくつものメーカーが作っていましたが、選ぶときには注意が必要です。とくに両穴(ダブルパーフォレーション)の16mmフィルムは入手困難です。片目のフィルムはまだ製造・販売しています。35mmフィルムから切り出したフィルムが使える場合と使えないモデルとがあります。また、専用パトローネ/フィルムを収めるケースが付属しているかどうかも注意が必要です。最後に16mmカメラ選びの注意事項も追記しておきましたので御覧ください。


冒頭の写真のとおり、おおむね現代の携帯電話程度のサイズのボディにレンズと露出計とシャッター、絞り、フラッシュシンクロ接点まで備えた本格的な小型カメラ。小型といえばドイツのミノックスMINOXが有名でロングランです(今でもミノックス判のフィルムは売ってる)。対して今回のカメラは短命で1950年代〜1960年頃に愛好されました。決して長くない期間に世界中のカメラメーカーが情熱を注いだ16mmカメラ。激しくも美しく燃え、そして忘れられていった孤高のヒロインなのである(おぉ〜!いいぞ!今回は熱いぜよ!)。

 

写真1:ゴツイ鉄の塊。限りなく直方体を意識して合理的に配置された素晴らしいデザイン。
写真2:スクエアな当面の操作パネルはダイヤルやレバーが平たく作られています。
写真3:ストラップは各種あったようで、これらのほかに金属チェーンもありました。
写真4:画角を決めるために覗くファインダーは収納されていますが、イザとなれば「起立!
写真5:明るさを知るために昔はセレンという、いわば太陽電池を使ったのです。電池も不要でエコですな。
写真6:レンズ前にスライドカバー、閉じておけば誤操作防止でシャッターは切れないしくみ。
写真7:イエローのフィルタ付き。白黒フィルムの人物や山野撮影のコントラスト調整用。交換も可能。
写真8:底蓋はロック機構付きで誤って開かないようになってます。ちゃんと三脚穴もあるのだ。



技術革新はデジタルカメラを極度に高度化させ、しかも安価に私達に提供してくれていますね。今やヒトの顔認識とか動体予測のピント合わせ、余計なことに動画まで撮れてしまう。押せば写る、はアタリマエ。押せば「どんなものでも素晴らしく綺麗に写る」のがト〜ゼン。まったく良い世の中になったものです。
ただ..... いまのカメラってオモチャみたい。プラスチックのボディ、撮像素子の寿命がきたら修理より買い換えが現実的、いわば大量消費の典型的な商品。ずっと使おうなんていう愛着よりも道具としてどんどん買い換えることが一般化してるワケです。
そう! そんな現代だからこそ「味」を求めたい、それがCRANE。時代の流れに逆らってめんどくさい鉄カメラ万歳!

終戦まもない1949年12月(昭和24年)マミヤの創業者で発明家の間宮精一が生み出したカメラで、本人も自信作と述べたMAMIYA16。その後日本の復興期と共に改良がなされ、1959年に発表されたのが今回のマミヤ16オートマチック(オートマット)です。当時は広く普及していた映画用の16mmフィルムを使えることもあって大ブームとなりました(10mmx14mmの絵が写ります)。このカテゴリの先駆けはリコー社のSuteki(ステキー:1946年発売)という超小型カメラとも言われていますが、マミヤが発売を開始したことで勢いが高まりミノルタ社やヤシカ社も参入したほか、海外でもイタリアのガミやドイツのローライ、ロシアのメーカーなども同様の16mmフィルムの小型カメラを生み出しました。国際的に歓迎された時代であったことがうかがえます。マミヤは1962年(昭和37年)、MAMIYA16EE DELUX で終焉を迎えるまでの間、様々なモデルが発表されましたが私が機能やデザインでいちばん気に入っているのが、今回のモデルマミヤ16オートマチックです。実際にはマミヤ16オートマチックといってもマイナーチェンジや海外向け仕様などもあって、細部が微妙に異なるものが存在します。

補足::小さなフィルムによる日本製カメラは他にも以下のようなものがありました(但しフィルムは16mm映画用ではなく17.5mm幅で裏紙の付いた14x14mmの画角)。コレクターの間では他にもあれこれメーカーが挙げられているようですが、多くはF11で1/30秒の固定焦点というスタイルが多かったようです。小さな町工場で作られた無名のモデルも多く存在しました(当初は粗悪なものも少なくなかった)。本格的なレンズを備え、絞り・シャッター速度・ピント調整ができる機種は限られたということですな。

1939年(昭和14年)ニューミゼット 美篶(ミスズ)商会
1946年(昭和21年)マイクロ  三和商会
1948年(昭和23年)トーン  東洋光機製作所

 

 


【 マミヤ16 オートマチック ( Mamiya 16 Automatic ) の仕様 】

ミノルタやヤシカなど固定焦点の多い16シリーズのなかでマミヤは初期型を除いて基本的に手動でピント調整できます。また、このモデルのようにシャッター速度も他社では2速や単速のものが多いなかで、マミヤは小刻みに設定できます。絞りも同様で35mm判のカメラとなんら変わりなくフルマニュアル撮影できるのです。

発売: 1959年8月 (昭和34年)
価格: 9800円 (カメラ9200円、革ケース600円)
型式: 16mm判カメラ(16mm映画用)
フィルムフォーマット: 10×14mm  20枚撮りタイプ専用マガジン入り16mmフィルム使用 ※金属製ケースもあります
レンズ: マミヤ・セコール SEKOR 25mm F2.8(3群3枚)(それ以前はキュートというレンズであった)
ファインダー: 横方向引き起しの透視式、等倍のブライトフレーム付、ブロック型、 パララックス修正マーク付
焦点調節: 目測による距離調節、回転ヘリコイド式  (近距離0.3mから∞まで)mモデルとftモデル有り
シャッター: 金属1枚羽根式 ボディレリーズ  1フィート
シャッタースピード: 機械制御 B, 1/2〜1/200秒(B, 2, 5, 10, 25, 50, 100, 200)、または B, 5, 10, 25, 50, 100, 200
絞り: 「く」の字型2枚による菱形 F : 2.8, 4, 5.6, 8, 11, 16 または F : 2.8, 4, 5.6, 8, 11
巻き上げ: ギアによるフィルム巻き止め式、二重撮影防止、フィルムカウンター付 シャッターはセルフコッキング式で巻上自動チャージ
フィルム装填: 裏蓋開閉式 フィルムインジケーター付(フタ開閉で0リセットはしない)
露出計: 追針式で内蔵の電気露出計と絞りダイヤルが連動。 (光起電力を持つセレン露出計のため電池は不要)
フィルター: 常用の淡黄フィルター内蔵(交換自在)
フラッシュ・シンクロ装着:ボディ底部にX接点
底面: 三脚用のネジ穴、フラッシュガン装着用小穴を装備
アクセサリシュー: 時期によってはストラップネジ位置にアクセサリシューを持たないモデルも存在した
サイズ・重量: 104×32×48mm 273g ストラップを含めて300g

* 追針式連動露出計組み込み:露出計の連動方式はフィルム感度を合わせておき、撮影するシャッター速度と同じ速度目盛りをメーターの指針に合わせると、絞りがこれと連動して適性露出が得られる。 * 距離目盛りの4mにスナップ用の定焦点マーク(○印)をつけてあるのでふだんはそこに固定でも良い。
仮に受光素子のセレンが壊れた場合でも絞りとシャッター速度は自在に設定できるので撮影可能。自動露出(AE/EE)ではないので、マニュアル撮影もできるこの自由度がカメラへの愛着を長続きさせてくれます。セレンは自身で光起電力を発生するため電池も不要で、寿命は半永久といわれておりCdsよりも信頼度が高いのですが、古いカメラなのでリード線が切れていることはあります。もちろん修理もカンタンです。鶴田も8台ぐらい修理しましたがセレンメーター自体が壊れた個体は少ないです。

 

【 マミヤ16シリーズの変遷 】

マミヤ光機製作所(当時6cm幅のブローニー判で優勢を誇っていた)がマミヤ写真研究所と共に発表したのが初代 MAMIYA 16 でした。ミノルタ16 の8年前、Rollei 16の14年前のことです。初代から最終モデルまでシャッター機構は変わることがありませんでした。バルブ撮影機能、単焦点ではなくマニュアルフォーカス(初代除く)重視、レリーズ使用可能、独自のデザイン、などマミヤの16カメラは国際的に大きな影響を与えました。

MAMIYA 16 (1949年/昭和24年 12月発売) :当時3380円 3群3枚 CUTE 25mm F3.5固定焦点 B, 1/25, 1/50, 1/100秒
MAMIYA 16 SUPER (1951年/昭和26年1月発売):当時5500円 シンクロ機能, 距離に応じてピント調整可能に B, 1/2〜1/200秒
MAMIYA 16 SUPER II (1957年/昭和32年 9月発売):当時5500円 フィルム送り識別装置(ビーチバルーン)追加
MAMIYA 16 SUPER III (1958年/昭和33年 3月発売):当時6500円 フィルム装填表示板を追加、○印に合わせると固定焦点式
MAMIYA 16 AUTOMATIC (1959年/昭和34年 8月発売) :当時9800円 セレン露出計追加、ポップアップファインダー, SEKOR 25mm F2.8
MAMIYA 16 DELUX (1961年/昭和36年 3月発売) :当時7800円 逆ガリレオ式ファインダー、露出計を省略して、パララックス自動補正採用
MAMIYA 16 EE DELUX (1962年/昭和37年 6月発売) :当時11000円 セレン露出計によるシャッター速度優先EE機能追加(ホントの自動露出)

※ ちなみに今回のカメラが発売された1959年/昭和34年は銀行初任給(大卒15,000円)、公務員初任給(上級職10,680円)、かけそば1杯35円であった。 NHK教育テレビが開局し、国産初のカラーテレビ(東芝)が発売された年でもある。

 

 

かんたんな撮り方
  私は完全マニュアル撮影してますが、なんたって「オートマチック」という名前のカメラ。自動でも撮れるのさ!?

1. 前もって 2 のダイヤルでフィルムカウンターを 18 にしておきます。
  そしてISO100のフィルムを買ってマガジンに収め、本体の感度設定ダイヤルを100にしておきます。
2. ロック窓を開き、フィルムを巻き上げます。
3. ピントは正確な距離は難しいので、迷ったら約2mぐらい(ちっちゃい○印)でいいでしょう。
4. シャッター速度のダイヤルを100(フィルム感度ISO100) に合わせる。
5. 針の位置に絞りダイヤルの赤い100の印を合わせます。
6. ファインダーを起立させて覗き、画角をきめます。
7. シャッターを押します。

  以下の写真クリックで拡大図!


 (ちっとも簡単じゃないって? .... ま、まぁ、これが ってヤツだ )

 

 

撮影例

フィルムの手配と現像の方法については後記するとして、まずは撮影例を御覧ください。
このときは市販の35mmフィルムから切り出しています。
従ってフィルムの穴(パーフォレーション)はありません。MAMIYA-16 シリーズのカメラはフィルムの穴に無関係に撮影できます。

・作品1 (小 800 x 510 px) 

・作品2 (小 800 x 510 px) 

・作品3 (小 801 x 558 px) (大 3389 x 2324 px)

・作品4 (小 505 x 700 px) (大 2400 x 3329 px)

 

・作品5 午後の竹林

・作品6 雨の池袋

・作品7 雨の所沢駅-1

・作品8 雨の所沢駅-2

・作品9 はたらく機械たち

・作品10 秘密基地

  

 


 

フィルムの入手と切り出し

フィルムを手に入れましょう。カラーも不可能ではないのですが、いろいろ厄介なのでここではモノクロ(パンクロ/シロクロ)フィルムを前提で説明します。昔はMAMIYA純正のフィルムとして1978年まで専用マガジンで販売されていました。というより各社ごとにマガジンの形状が異なったので各社がフィルムも販売していたわけです。16mmフィルムは現在でも映画用であれば入手できないこともないのですが(海外にはけっこうある)、現実的には広く売られている35mm(135)フィルムから切り出すのがいいでしょう。その昔、このテのカメラの全盛期には35mmフィルムから16mm幅で切り出す「フィルムカッター」もあったものですが、現在ではめったに見かけません(ジャンクカメラを改造してカッターを自作する人もいる)。ありがたいことに白黒フィルム自体は現在でも大きなカメラ店に行けば売っています。ネット通販でもいいでしょう。

個人的には昔からコダックのTry-X Panの信者なのですが、このあとの現像のこと(ダークレスを使う場合)を考えるとフジフィルムのネオパン / NEOPAN のたぐいがいいでしょう。ACROSはキメがこまかくてなかなか良いです。

切り出し方法ですが、暗室で作業せねばなりません。私はこのためにカメラより高価な暗室ライトを買いました(笑)。
35mmフィルムからフィルムを引き出してその端を板の上にテープで貼り付け、約50cm引き出してカットし、やはりその端をテープで留めます。つまり50cmのフィルムの両端をテープで固定するわけです。次に14mm x 60cm の定規をあてて、両脇をゆっくり確実に切ります。暗いのでくれぐれも指を切らないように注意!

 

【結論】 14mm幅の定規の両脇をカッターで切るだけ   概念図1  概念図2

 

この方法なら暗室のセイフライトからフィルム面を定規が覆うので露光防止にもなります。ポイントは自作の木製定規。弦楽器製作家なので木工は手慣れたもんです。定規が16mm幅だと仕上がりは16mmより広くなってしまうので、むしろ14mmか13mm程度のやや狭いほうがいいです。

あとは端からくるくると巻いてパトローネ(マガジン/カートリッジ)に収めます。数コマ引き出してパトローネの巻軸にフィルムの端をテープで留め、こちらもパトローネに収めます。つまりこんな感じになればOKデス。

24枚撮りのフィルムの長さは約100cmなので50cmが2本とれます。36枚撮りのフィルムなら3本採れます。50cmで採っても両端はロスとなり45cmを使うと考えたほうがいいです。この1本45cmを使えばMAMIYA 16 AUTOMATIC では約24枚撮影できます。慣れてきて、うまくやれば30枚ぐらい撮ることも可能です。ただ、45cmを超える長さではカートリッジ/マガジン内できつくなって巻き上げや巻き戻しが困難になることがあるため安全なのは短かめです。機械をいたわる意味で30cmの長さで撮るというのもいいでしょう。

切り出すフィルムはアバウトに13mm幅とかでも撮影できました。16mmを超えるよりも狭い幅のほうがうまくいきます。

 

 


 

現像(鶴田方式なのだ!)

フィルムを装着したらあとは撮るだけ。でも、デジカメと違って作法が多いし、めんどく..... おっと、 がいっぱいあるのでじっくり堪能していただきたい。さて、次は現像です。当然ながら、こんなフィルムの現像は基本的にどこの写真屋さんもイヤがって引き受けてくれません。というより、自分でやったほうが楽しいです。今回、失敗せず安心確実に現像する方法を編み出したので、皆さんに伝授しましょう。思えば苦節10年.....(ウソ)。いや、しかし試行錯誤の末、たどりついたのは事実です。

現像は現像、停止、定着といった流れで作業しますが、最低限の道具と薬品をセットで販売しているのが FUJI(富士フィルム)の「ダークレス」です。本来は35mm白黒フィルムをパトローネのまま専用小型タンク(プラスチックのケース)に入れて暗室なしで現像と定着・停止ができるというスグレモノです。昔、部屋が狭かった私もよく使いました。しかし、今回はこのキットの薬品のみを使います。専用タンクは使いません、私もさんざん使ってみて失敗したのです。構造的に16mmフィルムでは原則失敗します。

それで考案したのが次の方法です。

 

【結論】 ダークレスを暗室で使う  

【結論】 細長い皿で現像する   概念図

 

ようするにフィルムと同じぐらいの細長い皿に現像液を入れてヒタヒタと浸してやるのです。私は屋内配線のコードカバーを改造して使っています。もちろん暗室で作業します。ダークレスの意味が無いじゃないか!? そのとおり!
でもこの方法にしてから現像を失敗したことがありません。ダークレスは2液で、どちらも液温20度ぐらいで使います。液量も丁度良いのです。まずは現像液に3分間浸します。私はiPodのタイマーを使っています。浸しているあいだは指でフィルムを少し押さえたり離したりしてまんべんなく現像液をからめます。現像皿も時々浅く傾けます。3分を終えたら現像液を捨てて今度は定着液を入れ、4分間浸します。これもやさしく指でつつきながら浸してやります。この4分を終えたら暗室を出て水洗いです(もしまだフィルムに白っぽい部分が雲のように残っていたら再度定着液に浸します)。

そのまま30分間、流水でフィルムを洗って水をふきとって乾かせばオシマイです。
しかしここではより良い仕上がりのための方法を紹介。まず、定着を終えて数十秒の水洗いをしたらQW(水洗促進剤)の水溶液に1分間漬けます。引き上げて5分〜10分間の水洗いをします。そのあと希釈したドライウエルに30秒浸したのちぬぐわずにそのまま干して乾燥させます。

あとはクリップで挟んで数時間乾かせばオシマイ。QW(水洗促進剤)は水洗いの時間を短縮して水の節約とフィルムに傷がつく機会を減らす効果があり、ドライウエルはフィルム表面の斑点模様を防ぎます。

備考:QW(水洗促進剤)とドライウエルの使い方はそれぞれの商品パッケージに説明が書いてあります。

追記:富士フィルムのダークレスはその後製造中止となりました。ヤフオクに時々出ることがあります。2018年8月19日追記

 

 

現像(伝統方式)2018年8月19日追記

上記の鶴田式現像法は難しくなってきました(できないことはないのですが)。それで、伝統的な現像の方法についても書いておきます。現像の薬品や手順は文献やネット上のサイト/ブログにたくさん説明されていますので割愛しますが、16mmフィルム現像で問題となるのがリールとタンクです。これを解決すればよいのです。

まずは、昔は様々な16mmフィルム専用現像タンクが各社から売られていたという事実です。現在でも時々eBAYやヤフオクに出てきます。私はカナダの写真家から直接譲ってもらいました。チェコのメオプタ社が製造していたものです。リールも撹拌棒も付いて欠品はありません。約5000円ぐらいで譲ってもらいました。他のメーカーでもたくさん作っていましたから、気長に探しましょう。


MEOPTA社16mmフィルム現像タンク:チェコスロバキア製 16mmフィルム専用 現像タンク。写真の左側が専用リール。

 

そしてもうひとつの方法として、現在売られている(あるいは入手の容易な)現像道具を流用する方法です。これも鶴田自身があれこれ試行錯誤したところ、日本のLPL社が販売しているプラスチックの現像タンク(オートリール式)5042 をオススメしておきます。
このシステムは部品をバラで注文できますので LPL社にメールで 現像タンク5042の「リール芯棒」をください、というと400円で売ってくれます。送料は着払いで1074円でした! そして、JOBO(ヨーボ)社の16mm用オートリールが比較的入手しやすいので、その軸に合うようにヤスリで芯棒の外径を削りました。

LPL社 現像タンク 5042 (L40222):35mmフィルム用の白樹脂製オートリール1本付き 5075円 LPL社のサイトはこちら

JOBO(ヨーボ)社16mm用リール:この穴に合うようにLPL社のリール芯棒を削って使います 。使いやすいので重宝してます。

・JOBO社の16mmフィルムの現像リールの型番は #1502 です。最新のものは透明樹脂ではなく乳白色。ニャンコラボで売っています。

 

 

 


 

フィルムスキャン

ここではフィルムは白黒のネガの状態で完成します。つまり明暗逆転の図柄ですね。しかもちっちゃい。これをスキャンして白黒反転させねばなりません。フィルムスキャナは専用のものが各社から売られていますが、わざわざこのために買うのもなぁ....それで私が思いついたのが安価なスキャナを中古でオークションからゲット。CANONの古い機種でLiDE80です。MacOSXでも使えます(注:2010年時点)。外観傷有りのため1400円で落札!

・フィルムスキャン機能を持たない、一般的なフラットベッドスキャナにフィルムを乗せてA4サイズとかB5サイズのパネルLEDを上からかぶせてスキャンする方法もあります。明るさの調整できるLEDパネルがトレース用に2000円ぐらいで売られています。現像済みの数本にカットしたスリーブのフィルムを並べてベタでスキャンするときにも便利です。私もやっていますが、けっこう使えます (2018年8月補足)

・フィルム専用スキャナ:およそ7000円から5万円ぐらいまで各種出ています(2018年8月現在)。 私は12000円ぐらいの サンワ400-SCN024 を使っています。5万円のスキャナにはかないませんが、モノクロフィルムであればそこそこ良いスキャンができます。16mmフィルムだと限度がありますがWeb掲載用であれば充分でしょう。紙焼きだとLL判ぐらいでしょうか。明るさ調整もできてSDメモリにスキャン画像を直接保存してくれるパソコン不要のフィルムスキャナです(2018年8月補足)

SANWA 400-SCN024:このフィルムスキャナは110フィルムホルダーがオプションで用意されているので、自分で改造して16mmフィルムのホルダーとして使っています。実際に私がMAMIYA-16 AUTOMATIC で撮影して現像し、このスキャナで取り込んだ作例も挙げておきます(2018年8月補足)

   (スキャン例)

 

 



今日のPAY


16mmフィルムのカメラは中古でしか入手できないので中古を扱うカメラ店やオークションで入手するほか、近所のおじいさんに探りをいれてゴロニャンと譲ってもらう、などのテがあります 。ただ、当然古いものなので、約半世紀前の機械であることから、調整が必要であることは前提です。とくにオークション等では状態が良いと書いてあっても無くても調整が必要と考えるべきです(経験的に)。

【入手時の注意点】
・ネジやレバーの欠品が無いかどうか。
・フィルムカートリッジ(マガジン/パトローネ)は付属するか。これは重要! ときにカートリッジのほうが高額です。
・露出計が付いているモデルなら太陽光に対して大きく振れるか。
・低速シャッターが粘らずにきれているか(とても多い故障)。
自分で修理するか、または修理してくれるショップ等と費用を調べておこう。


MAMIYA 16 AUTOMATIC(オークションにて) ¥3800
暗室ライト King + グリーンガラス(オークションにて): ¥6000
FUJI(富士フィルム) ダークレス現像薬品キット(現像液と定着液各3本アンプル)  ¥920
コードカバー(百均ダイソーにて)  ¥100
容器各種(百均ダイソーにて)  各¥100

FUJI (富士フィルム)QW(水洗促進剤:2L用) ¥60
FUJI (富士フィルム)ドライウエル ¥260

CANONの古いスキャナLiDE80(オークションにて) ¥1400

フィルムスキャナ サンワ400-SCN024 ¥12000 (2018年8月追記)

 

 


 

備考

現代のワカモノたち数名にこのカメラと写真を見せると意外にも?興味津々。「何コレ!?」とか、「カッコイイっスねぇ!」とか、「キャ〜!カワイイ!ヤバイ!」とか、「明治維新の頃の写真じゃないの?」とか、言いたい放題です。でも、カメラ自体も造形美という点ではデザインはウケているし、撮った写真もそこそこ「味」は感じているようです...... 。


関連サイト

・海外のサブミニチュアカメラ専門サイトにMAMIYA16も掲載されてます http://www.submin.com/16mm/collection/mamiya/index.htm

・マミヤ・オーピー株式会社(カ.... カメラはどこ?) http://www.mamiya-op.co.jp/webapp/top/

・マミヤ・デジタル・イメージング株式会社 http://www.mamiya.co.jp/ (閉鎖したようです)

・Wikipedia のマミヤオーピー http://ja.wikipedia.org/wiki/

・Wikipedia のマミヤ・オーピーのカメラ製品一覧 http://ja.wikipedia.org/wiki/



追加情報:フィルムが感光しやすくなっています 2018年7月16日補足

いまどき(21世紀)のフィルムは感度が良くなって暗室ライト(セーフライト)が使えなくなりました。ISO100 でも少しカブリが出ます。キッチリやるにはダークバッグ(チェンジバッグ)を使ってフィルムの切り出しと装填したほうが良いでしょう。
現像も同様で、現像タンクを使って時間現像(上記のように皿で像が現れるところは見られない)するほうが綺麗なネガが仕上がります。

 

 

追加情報:写せないカメラ 2018年8月26日補足

映画用16mmフィルムといってもじつは2種類あって、フィルムの穴(パーフォレーションという)がフィルムの両側にあるものがダブルパーフォレーション(昔はたんに16mmフィルムと呼んでいた)、そして片側だけに穴があるものがシングルパーフォレーション(Super16 / 片目)です。私がマミヤにこだわるのはそういったフィルムの穴の有無にかかわらず撮影が楽しめるからです。
カメラの種類ごとに使うフィルムも異なります。以下に参考例を書いておきます。先日、メック16を入手しましたがダブルパーフォレーションのフィルムがなかなか見つからず困っています。たぶんもう製造していないのでしょう。ローデンシュトックのヘリゴン22mmレンズをどうしても試したくて入手したのですが ... (その後なんとか撮影できました、いずれ公開しましょう)。

つまり、欲しいカメラが見つかったとしても、それで使えるフィルムがもう入手できないとか、35mmフィルムからの切り出しフィルムが使えない構造だとか、パトローネ(フィルムケース)が付属していない、といった場合は撮影ができないのです。すごく状態の良い16mmカメラを激安でゲットしても両孔フィルムしか使えないモデルでは写せないということになってしまいます。オークションや販売サイトでよくあるのが、ダブルパーフォレーション(両穴)でないと使えないカメラなのにシングルパーフォレーションや穴の無いフィルムが商品写真に写っている!気をつけましょう。 ミニコード(Minicord)やメック(MEC)は両孔フィルムでないと撮影できませんので、くれぐれも御注意あれ。

 

マミヤ16シリーズ:日本製カメラ。フィルムの穴(パーフォレーション)の有無にかかわらず約16mm幅のフィルムであれば使える。カメラ本体の巻き上げ軸が ー の突起形状のためパトローネ(マガジン)の軸溝が + でも ー でも使える。35mmフィルムからの切り出しも使える。また、パトローネは巻き上げ側に1個あれば使用できるので必ずしも2個揃える必要は無い。

ミノルタ16シリーズ:日本。フィルムの穴(パーフォレーション)の有無にかかわらず約16mm幅のフィルムであれば使える。本体のフィルム室の巻き上げ軸が独自の構造のため専用パトローネを必要とする。ボディを引き出すと1コマ送られる構造。

ヤシカ16:日本。フィルムは穴(パーフォレーション)の有無にかかわらず約16mm幅のフィルムであれば使える。箱形の専用パトローネを必要とするが、フィルム装填が複雑で難しい。

・ステキー/リコー:日本。フィルムは穴(パーフォレーション)の有無にかかわらず約16mm幅のフィルムであれば使える。巻軸(スプール)のある専用パトローネを必要とするが、フィルム装填がやや複雑。

ローライ16S / Rollei 16S:ドイツ。フィルムはドイツのDIN規格で片目/片方にパーフォレーションのあるスーパー16を使う。フィルム装填用カートリッジ(マガジン)は○に一文字の軸を持つ(DIN規格品SUPER16型)。シングルパーフォレーションの穴を爪で1コマ送る構造のため穴の無いフィルムは使えない。当時SUPER16という専用マガジン入りフィルムが売られており、その空カートリッジに再装填してテープで閉じて繰り返し使うことができる。なお、撮影後は元のカートリッジに巻き戻す。日本の16mmカメラが 10 x 14mm であるのに対してこれは 12x17mm。

エディクサ16 / Edixa 16:ドイツ。フィルムはドイツのDIN規格で片目/片方にパーフォレーションのあるスーパー16を使うことになっているが、爪の無いフィルム送り構造なので、実際にはフィルムの穴の有無に無関係に使用できる(35mmフィルムからの切り出しも使える)。フィルム装填用カートリッジ(マガジン)は○に一文字の軸を持つ(DIN規格品SUPER16型)。当時SUPER16という専用マガジン入りフィルムが売られていたが、その空カートリッジに再装填してテープで閉じて繰り返し使うことができる。巻き上げスプールは Edixa 16専用なので、それが付属しないと撮影できない。撮影後は元のカートリッジに巻き戻す。日本の16mmカメラが 10 x 14mm であるのに対してこれは 12x17mm。

・ガミ16:イタリア。フィルムは穴(パーフォレーション)の有無にかかわらず約16mm幅のフィルムが使える。巻軸の入った専用パトローネ(マガジン)を使用。ただ、シャッターを空打ちすると壊れやすいことと、操作が複雑で前フタを動かすと3コマ巻き上げる構造が独特。

・ミニコード:ドイツ社オーストリア製。フィルムは両側に穴(ダブルパーフォレーション)のある16mmフィルムのみが使える。パトローネ(マガジン)は専用のものが必要。2018年8月26日現在では両穴のフィルムは生産しておらず撮影は困難。映画撮影用のカメラに似た外観で凝った作りが人気。

MEC 16:ドイツ。フィルムは両側に穴(ダブルパーフォレーション)のある16mmフィルムのみが使える。パトローネ(マガジン)は巻軸が無い専用密閉ケースでヘリカルコイル式。フィルム装填はマガジンにグイグイ押し込み続ける(マガジンを分解しない)。1980年代末期以降は両穴のフィルムは生産しておらず現時点では撮影は困難。ファインダーは引き出して使うが巻き上げとは無関係の構造。フィルムカウンターが0になるとシャッターが切れなくなるが、故障ではなくカウンタを24まで回せば復活する。

VISCAWIDE 16 / ビスカワイド16:日本。フィルムは穴(パーフォレーション)の有無にかかわらず約16mm幅のフィルムであれば使える。巻軸(スプール)のある専用パトローネを必要とする。但し、巻き上げ側のマガジンは専用が必要だが装填側は他社製でも使用可能。

 

 

追加情報:16mmフィルムの入手  2018年8月26日補足

16mmフィルムは現在でも製造・販売しています。以下のサイトから購入できます(2018年8月現在)。
本来は16mm映画用ですが、オルヴォ社では長尺から8mとか10mとか30.5mにカットして缶に封入されたものが商品となっています。丸い缶の中に黒いビニール袋に包まれています。私も購入して使いましたが、粒子も細かく現像も非常に良好で気に入っています。シングルパーフォレーション(フィルムの穴)が片方に付いているものと付いていないものも用意されています。穴付きはそのまま被写体を写し込んだときにたいへん趣きがあり、ナチュラルな画角を表現するのであればパーフォレーション無しを選ぶのも良いでしょう。35mmフィルムから切り出すのはフィルムメーカーやタイプを選ぶ楽しさがありますが、こちらは片目フィルムでないと使えないカメラにアリガタイのです。また、切り出す手間とリスクを避けることができます。超オススメです。

 

ORWO:ドイツのオルヴォ社(シングルパーフォレーション) 日本のオンラインショップもあります。

かわうそ商店(北海道):取扱商品16mmフィルム オルヴォ 私も購入して使っています! かわうそ商店、素晴らしい!


あと、コダックもまだ映画用の16mm幅のフィルムを製造・販売しています。ISO 250 片目のシングルパーフォレーション。

Kodak7222:白黒16mm幅フィルム(シングルパーフォレーション)、説明PDFも公開されており直接購入も可能です。2018年2月にちょっと値上がりしました。

Yahooショッピング:コダックの映画用白黒ネガ16mmフィルムは 7222 という型番で100フィート/約30mと400フィートが売られています。

 

もうひとつ、これは数量限定だそうですが ロモグラフィが映画用に16mm のカラーネガフィルムも販売しています。これも片穴のスーパー16つまりシングルパーフォレーションです。いつまで売られるのかは不明です。2種類売られていたものが2018年9月23日現在では1種類のみになっています。

  ・Lomography数量限定 16mm カラーネガフィルム 2種を限定販売 ISO 200 (2018年8月現在)

 

さらにもひとつオマケ情報を追加(2018年11月18日)
富士フィルム社が昔売っていた業務用のマイクロフィルムがありまして。例えば マイクル / FUJI MICLE F4 とかですね。1990年頃の製造で未露光の缶入り(30m)を入手して使ってみたところ、非常にヨロシイです。本来はASA100なのですが経年もあるので ASA 25 に設定して撮ります。雨や曇りの天気には向きませんが、味のある独特の描写をします。
透明なフィルムベースで未露光の状態では薄紫色。但しパーフォレーション(フィルムの穴)はありません。爪無しで使えるカメラであれば超お薦めです。基本的にコントラストは高めですが、おもいのほか階調のある写真も撮れますし、明暗のカリッ!とした写真も撮れて、なかなか面白い絵が撮れます。

 

 

現像してくれる会社(2018年9月2日追記)

モノクロ(白黒)写真専門のラボ。基本的には映画用フィルムの現像。郵便のほか持ち込みも可。土日祝定休。

・白黒写真現像所 株式会社 アート・ラボ:東京都大田区にある現像屋さん。貸暗室もあります。リンク集にも注目。

 

 

いずれまた他のカメラも紹介していこうかと思ってます .....

 


私的素敵頁に戻る

 


 (C) CRANE / Makoto Tsuruda info@crane.gr.jp 


BACK TO CRANE TOP PAGE